タグ:C57180

線路際のススキ秋口から真冬になってもまだまだ存在しています(^^;)特に逆光に輝くススキは美しさを増しますね。普段は線路際の障害物だったのに斜光線に輝いたとき、彩りを添えます。光線が低い時間帯、ぶわっと現れて輝きながら過ぎていく。ついつい、ハイキーな光景に絞り ...

武蔵野線の出羽公園のほか各地で色づいている、イチョウ。イチョウは色付く前の緑の時は何て事の無い木なのですが、黄色くなる頃に存在感を出してきます。視覚的にも嗅覚的にも猛烈な存在感wその発色に、やはり彩りが増しますね。大きいイチョウは尚更です(^^;)冬の季節以外 ...

本日から連休なので、ネタにしては長めに引っ張ります(`・ω・´)題して・・・じゅるっっ  (●´ڡ`●) お弁当画像 飯テロ (*´﹃`*)今回は、車両編?!いわゆる、弁当箱が車両になってる系です( ̄▽ ̄;)結構いろいろ有りますよね。全ては紹介できませんので、自分が食べ ...

森と水とロマンの鉄道  SLばんえつ物語号数々のドラマを生み出した地豊かな森と水に育まれた、自然と人が触れ合うことで生まれる「物語」それは今も、走り続ける。光と影が重なる。汽笛が山々に響き渡る。宵闇の中を汽車は行く。 ...

磐越西線の「SLばんえつ物語号」C57 180号機の魅力は、振り返るほどの美しさ。「貴婦人」の愛称は、細身のボイラー「スレンダーボディ」と動輪の大きさ「脚が長い」と言われる所以。足の長い貴婦人の後ろ姿を見てしまうとついつい、振り気味に流してしまうことが多いです( ̄ ...

2020年 初投稿です。今年もよろしくお願い致します。最初の投稿は今年の展望と掛けまして、俯瞰撮影のご紹介です。普段は殆どしませんが、ohanefuが蒸気機関車撮影の全盛期?に、俯瞰撮影をたびたび撮影していました。今回はSL列車の俯瞰をご紹介します。※ おことわり go ...

今回も引き続き、バルブ撮影のお話。よくよく考えてみると蒸気機関車のバルブ撮影ってのは、なかなか効果が絶大なんだなぁ~と思った次第。やはり煙の表現が写してみないと判らないというのも面白さのひとつかと。ただ暗くてシャッター速度を遅くせざるを得ない・・・という ...

↑このページのトップヘ