カテゴリ: 蒸気機関車

磐越西線の「SLばんえつ物語号」C57 180号機の魅力は、振り返るほどの美しさ。「貴婦人」の愛称は、細身のボイラー「スレンダーボディ」と動輪の大きさ「脚が長い」と言われる所以。足の長い貴婦人の後ろ姿を見てしまうとついつい、振り気味に流してしまうことが多いです( ̄ ...

前回のPart1では、京都鉄道博物館の開館から午前中の順光模様をご紹介しましたが、今回は閉館間際のシーンをご紹介します。なにぶん、1日中外に居ると冬の京都はつらいので、晴れ間が無くなってしまったあとは、夕方の空が青くなってからが2回目の勝負です(^^;)その前に、機 ...

令和2年のお正月。初テツです( ̄▽ ̄;)毎年、お正月に行われている京都鉄道博物館でのSL頭出し展示に行ってきました。実は梅小路に訪れるのは、かなり久しぶりとなりました。前は、ラウンドハウスしか無かったのに、気がつくと隣に建物があって博物館が出来てました・・・。 ...

2020年 初投稿です。今年もよろしくお願い致します。最初の投稿は今年の展望と掛けまして、俯瞰撮影のご紹介です。普段は殆どしませんが、ohanefuが蒸気機関車撮影の全盛期?に、俯瞰撮影をたびたび撮影していました。今回はSL列車の俯瞰をご紹介します。※ おことわり go ...

SLクリスマストレイン、乗れば前回のようなカットで楽しめますが、それでもやはり、線路際ではこの季節ならでは・・・の雪中走行シーンも見逃せません。2000年は降雪はあったものの、積もるほどではありませんでした。この場所は現在は道路通行止めで撮影不可能な三川-津川 ...

以前にwebページにてhtmlで作った時に上げたことが有りましたが、ホームページアドレスが変わったりプロバイダの引っ越しなどがあったりとURLが消滅してしまってお蔵入りになったこともありましたが今回はクリスマスという事で、再掲いたします。過去のものなので、撮影は何 ...

前回の往路トンボ重連から復路はC12 66を先頭とした正調重連運転となりました。毎回、真岡鐵道で重連運転をすると沿線道路はだいたい茂木駅に近づくにつれて大混雑になります。道の駅「もてぎ」に集まる人が多くなり、茂木駅周辺にはクルマでは辿り着けないので、そそくさと ...

当ページでは珍しく即アップになります\(^^)/2019年11月23日、真岡鐵道「SLもおか」でC11 325号機+C12 66号機による最後の重連運転行われました。天気はあいにくの雨。しかも霧雨のような視界の悪い天候でした。C11 325号機が真岡鐵道から手を離れてしまう悲しみの雨でし ...

今回も引き続き、バルブ撮影のお話。よくよく考えてみると蒸気機関車のバルブ撮影ってのは、なかなか効果が絶大なんだなぁ~と思った次第。やはり煙の表現が写してみないと判らないというのも面白さのひとつかと。ただ暗くてシャッター速度を遅くせざるを得ない・・・という ...

バルブ撮影・・・最近は殆どしませんよね。。。カメラがデジタルになって高感度撮影で手持ちOKになりましたので必要性が無いと感じられているからでしょうね。ただ、撮影の表現としてバルブ撮影でなければ写せない撮り方もあります。今回はそんなバルブ撮影についてのお話。 ...

↑このページのトップヘ