カテゴリ: 印象派

線路際のススキ秋口から真冬になってもまだまだ存在しています(^^;)特に逆光に輝くススキは美しさを増しますね。普段は線路際の障害物だったのに斜光線に輝いたとき、彩りを添えます。光線が低い時間帯、ぶわっと現れて輝きながら過ぎていく。ついつい、ハイキーな光景に絞り ...

武蔵野線の出羽公園のほか各地で色づいている、イチョウ。イチョウは色付く前の緑の時は何て事の無い木なのですが、黄色くなる頃に存在感を出してきます。視覚的にも嗅覚的にも猛烈な存在感wその発色に、やはり彩りが増しますね。大きいイチョウは尚更です(^^;)冬の季節以外 ...

旧型客車とは、10系客車より前の客車のこと・・・という解釈らしいですが主に現在では、その保有車両数が最多である大井川鐵道やJR東日本・高崎支社などで見ることが出来ます。最近は愛称などで「レトロ」車両と呼ばれる事が多い気がします。ま、細かい事は抜きにして、車内 ...

C11 325DD51 888EF58 61モオカ14VSEN700E5+E6車両の形は意外にも様々な造形をしてその姿は唯一無二の物となる。それは似て非なる形。485系こうして見ると、今より昔の形の方が秀悦だったのかも?(´д`) ...

↑このページのトップヘ