カテゴリ: 京急

京急と海って、案外と絡めるのが難しいんです。海の近くを走っているのに、車窓から海が見える処は少ない。。。さらに、それを上から見るとなると、更にハードルが上がります。もともと、標高は低い三浦半島ですから、それほど高い山はありません。そこを何とか見つけて撮っ ...

今年も、もうそろそろ見頃になりました(^_-)京急・三浦海岸-三崎口間の河津桜。この時期になると「三浦海岸桜祭り」として色々とイベントを行っています。以前までは、ただ河津桜が並んでいただけの沿線でしたが、最近では関東でも気軽に訪れることが出来るので、東京からで ...

とくにその編成がその形式の最終編成でなければ、その回送は目立たないものになるだけでなく、当然ながら回送であるので時間なども運転されることも判らず、そもそも運転が無いという可能性ある中で、それを待つというのは、ある意味不安との戦いであるw1000形1071~編成。2 ...

前回の京急700形に続き、今回は1000形。こちらは700形の引退から約4年半が経った2010年6月。ついに京急の代名詞とも言える1000形の引退です。700形の時は1000形が引導を渡しましたが、1000形の時は、この方、1500形によってその座を明け渡します。1000形の後継形として登場し ...

2005年11月 京急700形が引退。京急700形といえば、大師線のイメージが強いです。最後は、やはり大師線でその活躍を終えました。大師線といえば京急川崎の「下のホーム3番線」本線から離れていないけれど、本線の高架の真下にあるため、本線からあまり見えないのが大師線のイ ...

いよいよもって京急800形が引退です。前照灯1つ・片扉4ドア・分散冷房・尾灯と急行灯が同じ・・・などなど従来の機器類の在り方を踏襲?しつつも、全電気指令式ワンハンドルマスコンや電子ホーンなどを採用して今までの京急とは違う!と、登場当時は賑わせました。しかも登 ...

teacupのブログを閉鎖しようと思って、その前に画像がteacupのサーバーに残っているのでそのままこちらに避難させていこうかと思います。まずは京急700形。 これから少し懐かしい画像が続きます。 ...

↑このページのトップヘ