大井川鐵道 桜の頃


臨時も含め千頭行きSLが2往復だった2008年の春。

PN1H8640 (2)
2008年4月
SLで家山折り返しが有った頃。。。
新金谷から家山までは実質SLで3往復あって定期の「かわね路」と臨時千頭行きと併せて
家山以南では撮影回数を稼げるので美味しかったのです(^^;)

PN1H8652 (2)
家山で入れ換えして折り返しはバック運転。
家山折り返しの列車は後ろにELは付かず短編成でSLのみ牽引。
そのため最後尾の旧客の姿も見られました。
折り返し新金谷行きではキャブ側もヘッドマークが取り付けられました。
ヘッドマーク取り付けが間近で見られたのも貴重です。
ホームで見ていたこの子たちも今や大きくなっているでしょう(^^;)

PN1H8705 (2)
C10のバック運転でヘッドマークはココに取り付けます。
現役時代にも早岐~佐世保間でC11が「さくら」を牽いていた時もこんな感じだったのでしょうね。
ヘッドマークは真ん中だったようですが・・・

PN1H8667 (2)
という事でデフ無しであるC10が「さくら」を牽くというのは、いかにも大井川鐵道って感じですかね(´。`)

ちなみに、大井川鐵道の「さくら」ヘッドマークは白桜赤桜葉桜があり、

白地花びらがピンクさくら
ピンク地花びらが白さくら
緑地花びらがピンクさくら

3種類があります。

この時は花びらがピンクの「白桜」でした。

白桜・赤桜・葉桜
左から白桜赤桜葉桜

今や懐かしいC11 312の「さくら」も登場(^^;)

ヘッドマークの種類で沿線の桜の開花状況が判るようにしているそうです。

咲き始め 白桜
満開 赤桜
散り始め 葉桜

しかし、新金谷と千頭では桜の開花状況が異なるので2往復有るときなどは両方使ったりしてます(^^;)
今年は残念ながら1往復だけの運転のようなので
どのヘッドマークが見られるかは行ってみないと判りません。
それもまた良し( ̄▽ ̄;)

以上、大井川鐵道「さくら」のヘッドマークでした。