思い出の寝台列車シリーズ、今回からは新シリーズ「はやぶさ・富士」です。
主に廃止末期の「はやぶさ・富士」を中心に取り上げますが、過去に東京発着だった東海道線系統のブルトレも同じカテゴリとして扱うことにします。
その1は、「乗車編」をお送りします。

IMG_0487
東京発のブルトレといえば直流電気機関車であり、青と白いラインが特徴の特急カラーの機関車です。最後はEF66で終焉を迎えました。
その歴史は長く、1958年(昭和33年)10月から東京 - 博多間を結ぶ寝台特急「あさかぜ」に青い車体の20系寝台客車が投入されブルートレインという呼び名で運行を開始されました。
牽引機関車は東京発EF58から始まりEF60-500やEF65-500(EF65P形)・EF65-1000(EF65PF形)と経てEF66に至っています。
ohanefu的ご紹介は、前述のとおり東京発着ブルートレイン廃止末期を中心にお送りしますので基本的にEF66「はやぶさ・富士」メインとなります。

IMG_0517
東京駅を発車するブルートレインの雰囲気は都会的で、「はやぶさ・富士」は最後まで残る九州行きの寝台列車でしたので大都会の東京から九州に繋がる長距離列車の何とも言えない高揚感がありました。
IMG_0478
東京発は18:03で陽が長い6月頃は明るかったので、まだ夜行列車の雰囲気ではないのですが、これでも翌日の大分へは11時過ぎまでかかって到着するという長距離感です。

IMG_0480
この日は全検明けで塗装がキレイだったEF66 53号機
しかし、下関からはるばる東京まで来ただけで汚れが・・・。

PN1H9526
まだ上野東京ラインが開業していない頃、「はやぶさ・富士」が発車したあと10番線は18:56の国府津行きまで発車が無かったという、東京が始発駅であり終着駅であった頃。
IMG_0495
上野は尾久から推進回送で入線してくるのに対し、東海道線ブルトレは東京機関区(田町車両センター)から東京までは通常の運転方で機関車が先頭で10番線に入線。折り返しは客車を切り離し機関車は神田方に引き上げ、9番線を機回しで通過して有楽町方へ。そして下り1号車へ連結する方法がとられていました。
上野東京ラインが開業した今では東北本線からスルー運転で東京駅は中間駅になるので、夕方ラッシュの18時台に始発で機回しするなんて考えられません。

さらにマメ情報ですが最盛期16時台から東京発のブルトレが複数あったころ、東京機関区から東京駅まで前後に機関車を付けてプッシュプルで東京駅に入線し、先頭だった神田方の機関車はそのまま切り離して、後ろにぶら下がっていた先発のブルトレ機関車が発車したあと有楽町方に単機で機回して次発のブルトレに連結するという事を繰り返す段落ち運用や、編成ごと神田方へ引き上げ、そこで機回しするなどがあり、その当時も東京駅での機回しはトリッキーな運用をしていたのです。

IMG_0497
東京で見る九州の駅名に歴史を感じ、いざ乗車!

PN1H9587
廃止間際の頃には、さよなら「はやぶさ・富士」弁当も売っていて、それを実際に車内で食べるのが正しい食べ方(^o^)

IMG_0507
東海道線ブルトレと言えば、このA寝台1人用個室シングルデラックス
窓際にあるテーブルは開くと洗面台が入っています。
登場当初からオリジナル形態を保っていました。
昭和時代の匂いがプンプンしましたねぇ(((^^;)

img047
通路側には個室内の空調が個別に行えるスイッチと照明が備わっていますが、スイッチもアナログな感じです。

img046
登場当初は部屋からは掛かるものの外からは個室にカギが掛からなかったのですが、平成になってカギを掛けることが出来ました。のちにテンキー式で施錠するようなシステムになりまたが、
テンキー式は故障することが多く、個別に故障したドアだけシリンダーを取り付けてカギを掛ける方式にしている部屋もありました。
元々、外からはカギが掛からない部屋だったので、後付けでは付け焼き刃だったのかもしれません。

PN1H9556
「はやぶさ・富士」の開放B寝台。基本的な構造は同じですが「あけぼの」とは化粧板や寝台モケットの色が少し違います。

PN1H9905
B寝台1人用個室ソロの廊下。基本的に「北斗星」や「北陸」のソロと同じです。平成元年3月の改正で連絡されました。

PN1H9593
九州行きの寝台列車は、岡山~広島辺りで朝を迎えて、目覚めると穏やかな瀬戸内海が望めます。
これは他の寝台列車では味わえない景色でした。

IMG_0560
以前は殆どの寝台列車で車内販売があって、翌朝広島前後から車内販売員が乗り込んで朝食などを売っていました。東京発のブルートレインなどは夕方発車なので発車後すぐ車内販売もありました。
さらに前ですと食堂車が連結されていたので、食堂車と車内販売のダブル営業もあって、華やかな時代もあったのでした。

食堂車_001
「北斗星」のそれとは趣が違う、東海道ブルトレの食堂車。多くの長距離列車には食堂車が付いていました。東海道線系統が始まりです。
これを知っている人は昭和です。東海道新幹線もそうです。
当然、予約コース料理などでは無くて、フリーでメニューから選ぶスタイル。誰でも利用できるのが良かったですねぇ(^o^)

img030
食堂車の隣に連結されていたロビーカー車内。
これも東海道ブルトレが始まり。
食堂車もロビーカーも付いて14両から15両を繋げて走っていたブルートレインが華やかな時代、ただ移動する手段では無かったということが分かります。

IMG_0564
時代を「はやぶさ・富士」廃止間際に戻します。
先ほどの車内販売で購入した幕の内弁当です。
「はやぶさ・富士」は終着駅へ11時過ぎに到着するので
食堂車が無いこのときの食事は車内販売が有り難かったのです。
各駅の停車時間も僅かですから、下関の機関車交換までホームに降りて何か買う時間は有りません。

IMG_0565
幕の内弁当の他に勢いで買ってしまった、あなご飯
瀬戸内海のあなごが朝から目を覚ませます(^o^)

「はやぶさ・富士」廃止前などは、柳井で手作り駅弁ながら本格的なお弁当を積み込むシーンをこちらの記事でご紹介しています。
IMG_0552
こんな景色が続く山陽本線は、やはり素晴らしいです。

PN1H9634
下関に到着。ここで東京から長らく牽引してきたEF66が関門トンネル用EF81に交換するまでしばらく停車します。
乗客の多数が前方の機関車交換を見学してます。下関は昔ながらのホーム屋根が時代を感じます。

PN1H9602 (2)
下関のEF66は区名札に流れ星マークの札が入っています。
ブルトレ仕業の証です。

ひとまず、「はやぶさ・富士」編その1は、本州最西端の下関まで。
次回その2、九州編をお楽しみにm(_ _)m