思い出の寝台列車シリーズ「北斗星」編 その3は、「北斗星」車両全般編としてお送ります。

_0012340
青森-函館間を担当するED79 青函トンネル専用機関車としてED75を改造して誕生した機関車ですが、
走行する時間帯が早朝深夜とあまり陽の目を見ない印象でしたかね('ω')
_0013427
EF79は青函トンネルを走行するので外気温と湿度の差が激しさからか、車体塗装がボロボロの状態で見ることが多かった気がします。
しかもホームから停車中に直接見られるのは函館駅だけ・・・。
運転当初では青森駅を経由していましたが、廃止末期では青森信号所での運転停車中に機関車交換をして進行方向も津軽線へスルー運転となって
函館だけ行き止まりになるので札幌へ着くときには上野発車と前後が逆になっていました。
運転当初は上野から青森・函館で2回行き止まりの方向転換をしたので、結果的に札幌到着時には上野発車時と同じ編成順序で到着してスッキリしていたのですけどね。
_MG_4830
函館~札幌で登場するのはDD51重連です。青い北斗星カラーをまとったDD51は区名札に「重」と入っていて重連仕業を示す札が差し込んであり格好良かったものです。
_MG_4837
青い車体に青いヘッドマークがよく似合っていました。

P1010774
DD51にも流れ星のマーキング

P1000357
こちらEF510-500も専用カラーリングで編成美を整えていました。

P1010657
EF81のときも流れ星のマーキングがされていましたが、EF510-500は派手にアメリカナイズされてました。

P1010666
カニ24-500の妻面から。手ブレーキも装備されて案外と古風な仕上がり。

P1010672
JR北海道所属の客車には「北斗星」エンブレムが飾られて、専用客車をアピール。

_0012337
ED79には両端にヘッドマークが取り付けられていることが多く、車内からも見えたりして「北斗星」の雰囲気が高まります。

_0012343
ここからは客車内のご紹介。解放B寝台をリノベーション?して誕生したBコンパート車両。
通常は従来通りの解放B寝台として使用しますが、
寝台の手前に仕切りがあり、上下1BOXで4人1グループで乗車した場合、車掌の判断で仕切りの扉を開閉できる状態にしてテンキー式でロックも掛かり4人用個室として使うことも出来ました。
これはJR北海道所属の客車で乗ることが出来て、廃止前などは、主に上野方の1号車に連結されていました。

_MG_4820
こちらはB寝台1人用個室ソロ 「北陸」もこのタイプ。ベッドは枕木方向に並んでいるオーソドックスな個室です。この画像は1階部の部屋。

P1010650
こちらは2階部のソロ 個室内に階段があるのはJR北海道所属の車両。

_0012329
こちらはB寝台2人用個室デュエット こちらは2階室の室内。窓は小さいですが必要にして十分の空間でしょう。

P1010721
こちらはデュエット1階部の個室内寝台ベッド頭上の出っ張りが隣の2階部デュエットのベッドになって組み合わさって並んでいたのがわかりますね。

P1010720
個室デュエットの廊下側。見た目は1階も2階も入口は変わり無さそうに見えますが一番手前の扉は押して開ける1階室。その奥の扉は引いて入る2階室デュエットです。
ソロもほぼ同じ構造でした。2階室は入ってすぐに階段があるので扉は押しては入れない構造で引き戸になっているんですねぇ。

_0013416
こちらはA寝台2人用個室ツインデラックス A寝台なのでベッドの幅が90cm(ちなみにB寝台は70cm)あり上下2段に設置されています。
下段ベッドは「あけぼの」A寝台シングルデラックスのようにベッドを起こすとソファ状態になります。
1部屋の広さはベッドが並行に並ぶB寝台2人用個室デュエットより狭いです。天井は高いですが居住性はイマイチかもしれません。
実は「北斗星」の寝台の中で一番ハズレかも。A寝台なので寝台料金も高いですし、一番最後まで売れ残っていた日が多かった気がします。

しかし、JR北海道所属車両に1両だけ「ニューツインデラックス」と呼ばれる車両があり、
これはB寝台2人用個室デュエットと同じ構造で並行ベッドが部屋単位で凸凹で上下に並び、個室内にTVモニターと洗面台もあってA寝台のクオリティも保たれていた気がします。
img022
1階と2階に1回、合計2度ほど乗った事があります。デジタル画像は公開に耐えるものではありませんが、何とか1階室の画像を見つけ出しましたのでスキャンして雰囲気だけでもご紹介します。
もう終着札幌到着間際だったのか、ご覧の通り部屋は荒れております(´д`)が、ニューツインデラックス1階室にはB寝台2人用個室デュエットとは異なる所では上部に天窓のような窓があります。
2階室にはデュエットの窓は1つでしたがニューツインデラックスでは2つ分の窓がありました(画像は有りません)

img023
ベッド幅も90cmで空間も窓割もデュエットより広かった記憶があります。
窓のカーテンもB寝台個室デュエットのようにロールカーテンでは無くて、しっかりとした横引きカーテンです。

img024
個室のカギには革製キーホルダー

P1010742
JR北海道所属車両の個室にはカギが使用されていましたので、検札の際に車掌さんからカギを渡されて
終点札幌まで利用の場合には南千歳発車後に回収に来ます。
このカギに付いている本革の部屋番号が打ってあるキーホルダーが格好良いので個人的には好きでした。
このキーホルダーはJR北海道オリジナルでロイヤルver.のレプリカを車内で販売していた時もあり、下り札幌行きの場合、北海道区間に入るとロビーカーで販売していました。
他にも懐中時計や革製品が多数あって、人気がありました。

_1010680
ロビーカー(ロビー室)に設置されていたシャワー室を利用する際には食堂車「グランシャリオ」でシャワー券を購入して時間帯を決めて予約することになっていましたが、
廃止間際ではシャワー券のデザインは「カシオペア」のものになってしまっていて、ちょっと興ざめでした(@_@)

P1010681
こちらがシャワー室。先のシャワーカードを入れて6分間シャワーが使えます。

P1010682
使い終わった後は時間表示が0:00になって自動的にお湯は出なくなります(´;ω;`)

P1010770
「北斗星」24系25形のB寝台を改造して個室化しています。さらに、その個室も1両中にA寝台・B寝台と合造されているので、車両形式はオリジナルではなかったものが多数存在しています。

_0013463
このような改造が、完全新製・完全個室のカシオペアの誕生へと動いていったのでしょう。
カシオペアのお話はこちらでお楽しみ下さい(((^^;)

「北斗星」編 その3は、ここまで。
次回、その4もお楽しみにm(_ _)m