ジョルダン乗り換え案内から時刻表で検証しました( ̄▽ ̄;)

今回は、大船から東京までどのようなルートで行くか・・・を検証してみました。
時間帯は、ちょうど同時刻に発車する列車がありましたので、平日7時09分発の列車とします。
ちょうど朝のラッシュ時間帯に入る頃、同時刻に発車する列車は有るもんですね(´д`)

ちなみに、横須賀線は大船始発でした。
東海道線は当然ながら始発では有りません。(この列車は小田原始発)

東京まで東海道線の方が駅数も少ないので到着も早いのかと思います。
さぁ行ってみよう~(@_@)


横須賀線


東海道線
大船 07:09発
大船 07:09発
戸塚 07:14発
戸塚 07:15発
東戸塚 07:18発
保土ヶ谷 07:23発
横浜 07:27発
横浜 07:29発
新川崎 07:36発
川崎 07:39発
武蔵小杉 07:39発
西大井 07:46発
品川 07:50発 品川 07:51発
新橋 07:55発 新橋 07:56発
東京 07:58着 東京 07:59着

横須賀線
07:09 → 07:58
総額
 
820円 (切符利用)
所要時間
49分
乗車時間
49分
乗換
0回
距離
46.5km

経路乗車位置運賃指定席/料金距離
大船
6番線発
07:09-07:58
49分
JR
横須賀線(君津行)

820円46.5km
東京
総武4番線着

東海道線
07:09 → 07:59
総額
 
820円 (切符利用)
所要時間
50分
乗車時間
50分
乗換
0回
距離
46.5km

経路乗車位置運賃指定席/料金距離

大船
1番線発
07:09-07:59
50分
JR
東海道本線(上野行)
820円46.5km

東京
8番線着

【結果】
なんと!横須賀線の方が早く東京駅に到着しています。
ま、1分の差なんですけど。
しかし、東海道線より駅数が4つも多いのに、東京に早く到着。
ただ、横須賀線の東京駅ホームは地下ホームですから、改札の外に出るとなると、東海道線の方が早そう。山手線や新幹線への乗り換えも地上の東海道線ホームに到着した方が視覚的にも迷わないですかね。

これは東海道線に乗ってしまうか・・・。
しかし!横須賀線は大船始発がある!
これは大きなアドバンテージ。
東海道線で大船からは到底座れるはずもない。
東海道線 横須賀線
04東京行
01津田沼行
06籠原行
06小金井行【始発】
09上野行
09君津行【始発】
12宇都宮行
12津田沼行
15高崎行
15高崎行
18上野行
19成田空港行
21籠原行
22宇都宮行
24上野行
25千葉行【始発】
27小金井行
29津田沼行
30上野行
32籠原行
32籠原行
36千葉行
35高崎行
40千葉行
38上野行
43小金井行
42宇都宮行
47千葉行
45上野行
50高崎行
47高崎行
54上総一ノ宮行
50高崎行
58小金井行
53宇都宮行
 
56上野行
 
59小金井行
 

今回 調べた列車
他に同時発の列車

ちなみに7時台の列車をジョルダンで調べた大船駅発車時刻表から見ると・・・
東海道線は1時間に20本、横須賀線は17本・・・と言いたいところだが、
赤字で書いてある列車は実は東海道線で運転される列車でした。
では、なぜ横須賀線の発車時刻表に東海道線の列車が載っているのか・・・
湘南新宿ライン経由だからかな。。。
横須賀線は湘南新宿ラインと同じ扱い。
戸塚から西大井まで大崎へ向かう列車は横須賀線を通る。
なので、新川崎・武蔵小杉・西大井へ行くヒトのために横須賀線の発車時刻表にも東海道線から来る湘南新宿ライン経由の列車が載っていると推測しますが。
しかし、大船では東海道線のホームに来る列車を横須賀線の発車時刻表に載せて判るのか?
戸塚から時刻を載せるならまだしも。。。
ジョルダンのサイトから調べたので実際には横須賀線ホームの時刻表には載ってないかもしれませんm(_ _)m

そんな大船駅には東京・新宿方面への停車駅案内表示板があります。IMG_0817
これは相当古いです。。。
普段、これを撮影すること、無かったなぁ( ̄▽ ̄;)
現在はフルカラーLEDになって情報も更新されています(^^;)

行き先や時刻だけを見ていると、実際、横須賀線のホームで待っていても列車が来ねぇじゃねーか!ヽ(#`Д´)ノってなるのを防ぐため、
一覧になった掲示板があるので、これを見れば、どこから発車して何処へ行くのか判ります。
ということで、横須賀線のホームから発車する列車は7時台は実質14本。
東海道線は湘南ライナーも入れて20本であるから、列車間隔が詰まっている。
そのため、駅数が多くても列車間隔が空いている横須賀線の方が速く走れることに。
7時台は成田エクスプレスは1本も無い。6時台には3本もあるのだけど。8時台にようやく1本。

今回は大船から東京までですが、これが横須賀線・東海道線から湘南新宿ライン・上野東京ライン経由で東北本線・高崎線へ直通しているモンだから、ややこしい(@_@)

で、大前提として両方ともダイヤ乱れが無い状態で走りきったとする場合です。当たり前ですが(^^;)
しかし、ダイヤ通りに定時に到着する方が少ないというのも無理ゲー要素満載w
毎日がサバイバルなのです、通勤ってヤツは。

※ 今回、検証したダイヤは2020年3月改正ダイヤで調べています。
このまま延長すれば大船で同時発車した列車が大宮へ到着するまでの時刻も判りますが。。。
それはまたの機会に(´д`)

※ 大船駅発車時刻表とは違う仕様ですが、横浜駅構内や大宮駅構内には、
上野東京ライン経由と湘南新宿ライン経由それぞれの発車時間と到着駅への先着列車と到着時間が表示される先着案内ディスプレイがあるようで・・・。
こりゃ奥が深いモノに手を出してしまったか・・・?!