今月は春ネタをお送りしています(^_-)
何やら、もう見頃を迎えているとか。早っ!
※菜の花は咲いていますが、桜は未だのようで・・・(^^;)
今回は、「いすみ鉄道」です。
_18A7782 (2)
いすみ鉄道と言えば、この黄色い車両。そして沿線には菜の花が至る所に咲いてます。
これは自然に菜の花が植わっていた訳ではなく、いすみ鉄道の社員が何年も掛けて菜の花の種を植えたモノだそうです。
こうして、観光客を呼ぶ事で活性化しているんだそうな。素晴らしいです(^_^)/

黄色と緑の帯色が菜の花の色合いにベストマッチ♪
千葉には菜の花のイメージが似合います。

_18A7807 (3)
両側に桜並木がある区間を通る 東総元-久我原間にて。
このように、沿線には有名撮影スポットが多数存在し、
ある程度のキャパを持っていますので、何とか並んで撮ることが可能です。
ここは道路の歩道から撮影してます。

_18A7847そのまま、上総中野方面へ進むと、ここは終点の一つ手前、西畑駅。
小さな駅ですが、ホームには桜が掛かり、良い雰囲気です。

_18A7857 (2)桜のトンネル&土手には菜の花 西畑-総元間にて。
ここはキャパ狭め。並行する道路から近い割に見えそうで見えない場所です。
いすみ鉄道は房総半島の東側に位置していますので、基本的に午前中が順光となりますので撮るなら朝がお勧め(^_-)
_18A7926 (2)
こちらも有名な場所です。国吉-上総中川間にて。
ただし、ご覧の通り田んぼのあぜ道からの撮影となりますので、色んな意味で邪魔にならないよう気をつけたいところ。
この場所から右方向へ目を向けると、みんな大好き第4種踏切があります(´。`)

それにしても・・・、この列車すごい混んでません?(´д`)

_18A8073 (2)
これでもか!と、菜の花に囲まれた。
黄色と緑の菜の花に、黄色と緑の車両が溶け込んで・・・♪
_18A8102 (2)
そして本日のメイン、急行1号。
タラコ色のキハ52、現在は2色塗りになっています。
塗装がボロボロなので現役感が凄いですが、実際にはお疲れさま感が先に来ます(^^;)



P1110555 (2)
振り返って、1枚。
「そと房」のヘッドマークが無ければ、昭和40年~50年代のどこにでもあるローカル線の風景と言われても判りません(^^;)

_18A8149 (2)
ここも有名な区間です。大多喜城を望む。大多喜城二の丸公園にも桜があるのでアクセントに。
この日の午後からは曇ってしまって、ちょっとハッキリしませんけど(´。`)


やはり、ここも古き良き時代が残って、ローカルな空気が国鉄形車両にマッチしています。
さらに、この地域全体が「昭和」感が凄い。
昭和90年代が続いているのかもしれませんw



~ ちょほいと、お楽しみ♪ ~

IMG02906_HDR
いすみ鉄道には駅弁があります!
国吉駅で土休日限定販売の「たこめし」
この近くの松屋旅館さんが製造販売している弁当です。
正式には「駅弁」では無いのかもしれませんが、「いすみたこ飯研究会」なる団体さんが「松屋旅館」さんの弁当を推奨しているそうな。
駅で販売していますので「駅弁」で良しとして下さい。

IMG02908
中身はこんな感じ。シンプルです。だが、それが良い(^_^)/
いすみ市の港に水揚げされるマダコと、いすみの地野菜を使って作られているそうです。

_18A7975
当然、国吉駅に到着する列車からホームで買うのも良し、これを撮影の列車待ちで食べるのも良しです。




ですが・・・・・




IMG02897_HDR
時に、このような事態に遭遇することも。。。

土休日限定の販売とは言え、手作りなので数に限りがあります。
さらに販売をお休みすることもありますので、事前に販売の有無を松屋旅館さんにお尋ねされることをおすすめします。

以上、いすみ鉄道の春でした!