今年も、もうそろそろ見頃になりました(^_-)
京急・三浦海岸-三崎口間の河津桜。
この時期になると「三浦海岸桜祭り」として色々とイベントを行っています。
以前までは、ただ河津桜が並んでいただけの沿線でしたが、最近では関東でも気軽に訪れることが出来るので、
東京からであれば本家・伊豆半島の河津より近いという事もあり、日帰りで楽しめます。

夜になるとライトアップも行われていて、徐行運転で車内からもゆっくり見られるなどという事もやっているようですが。

今回は2017年の時の模様をご紹介します。
_1080846 (2)
京急線は東京都から三浦半島へ南北に伸びておりますので、基本的に撮るなら午前中が順光となります。
IMG_5323 (2)
こちら、2012年の頃。
まだ河津桜が大きくないので色付きも花の大きさも小さかったので、河津桜っぽくない控えめな花の色でした。
_1080928
河津桜の下には菜の花も植えられて、一足先に、いっそう春を感じられるようになっています。
まだ1057~のドア色が銀色だったようで(^^;)
_1080833 (2)
ただ、ご覧頂いて判るとおり金網越しに撮ることになるので、金網を感じさせない撮り方が求められます(`・ω・´)
P1080823 (2)
さらに、満開の最盛期には歩道に多くの観光客が訪れますので、上手い具合に収めるのも実は大変だったり(´。`)
P1080936 (2)
それでも、赤い電車と河津桜&菜の花という光景に、春の訪れを感じてホッコリです(*´ -`)(´- `*)
P1080861 (2)
ちょっと離れた所から、三浦半島の畑とともに。
P1080843 (2)
赤とピンクに春爛漫♪しかしまだ2月なので晴れても寒いっすよ(´。`)
後ろの木々はまだ冬の様相です。
P1080838 (2)
線路から少し丘の上に上がると、河津桜と富士山も望めます。
P1080853 (2)
線路際から遊歩道を進んでいくと、池もあって、ここにも河津桜が咲いている公園があります。
ただ、河津桜の並木周辺は三浦海岸-三崎口間のちょうど中間点にあり、
駅から程よく遠いので何だかんだと徒歩でのぶらり旅になります。
駐車場も無いに等しいのでご注意を。道も狭いので路駐も無理です。

以上、京急@河津桜でした(^_-)