1840836104_225

ローライ35Sを手に入れました~

このカメラは1974年に作られています。 
実際に見ると、すごく小っちゃいのです 
手のひらサイズですが、ズシリと重たくて貫禄あります。 

1840836104_79

ローライ35には細かな違いのモデルがあって、 "S"の他に"T"や"SE"などがありますが、ここで説明は割愛します。
このカメラ、ピント合わせは目測で行うというカメラです。 
実際にはファインダーからピントを合わせることは出来ないので 
ファインダーは構図を見るだけのものです。 
しかしライカMPと同じく、電池が無くてもシャッターが切れて写せるのです。 
このローライ35Sは、1/2秒から1/500秒まで全速シャッターOKでした。 
なので、飛行機の離陸時にも撮れます 

まだフィルムを通していませんが、ライカMP同様に電池が無くても長く使えるカメラです。 
ピント合わせが目測なのでリバーサルを入れて撮るのは勿体なくて勇気が要ります。
1840836104_8
でも、こうなるとピントがビシーっと決まってなくても 
純粋にシャッターだけ押して撮って、 しかも写りは現像に出してからのお楽しみ・・・という楽しさがありますね。
デジカメも良いですが、この時代にフィルムカメラも良いのです。35mm版カメラにしては余りにも小さいので ローライ35に合うケースとストラップを買って付けてみました。 
外国のカメラはすぐオシャレになりますね。