いつもは団体列車で使用しているお座敷電車ですが、臨時列車として設定されたお座敷列車が運転される時があります。今回は、快速「お座敷ぶどう狩りエクスプレス」号として普通グリーン指定席券を購入すれば一般客としても乗車出来るという事で、会社の同僚とお座敷列車に乗ってみました。

この列車は南武線の川崎から中央本線・甲府まで運転されました。南武線経由で甲府まで行くという所がミソです。21ed6648.jpg

南武線の川崎駅ホームでは発車前にJR職員が横断幕を掲げてお座敷列車の出発を盛り上げていました(^^ゞ

「お座敷ぶどう狩りエクスプレス」号は高崎支社の「せせらぎ」が使用されています。この列車の編成は車両の号車番号が同支社の「やまなみ」の続番となっていて、「やまなみ」が1号車~4号車なので「せせらぎ」は4両編成でも5号車から始まって8号車までの表記です。

指定券にも4両編成の列車なのに5号車と指定されています。これで「せせらぎ」編成が使用されると判ります。ちなみに、甲府寄りが5号車で川崎寄りは8号車です。甲府行きは5号車1番A・B席が一番運転席に近い席・・・ではなく「座椅子」です(^^ゞ

965b77f9.jpg

お座敷列車の車内は異空間でした。

38dca74e.jpg

出発する時もお見送りです。

_0013481

お座敷列車では、やはり宴会でしょう(笑)という事で、朝も早うから乾杯です(^^ゞ

e6b51013.jpg

このお座敷電車の座席番号はどうなっているのかと思ったら、座椅子を向かい合わせて真ん中に卓を設置してあるので2人向かい合わせの構成でした。

そのため、窓際や通路側の区分はなく、A席・B席だけが存在し、C席やD席はありません。千葉のお座敷電車「ニューなのはな」はC・D席も有ったような気がしますが、同じお座敷電車でも車両によって違うのでしょうね。

58c2fad2.jpg

お座敷列車で宴会を楽しみながら乗っていると、アッと言う間に終点の甲府に到着です。また機会があれば乗りたいですね。お座敷列車は少人数より大勢で乗る方が楽しいです。南武線の各駅ホームでは不思議そうにお座敷列車を見る一般乗客の姿が印象的でした(^-^;