SLクリスマストレイン、乗れば前回のようなカットで楽しめますが、
それでもやはり、線路際ではこの季節ならでは・・・の雪中走行シーンも見逃せません。
071-012 (2)
2000年は降雪はあったものの、積もるほどではありませんでした。
この場所は現在は道路通行止めで撮影不可能な三川-津川間(旧)R49号線沿いから
105-031 (2)
それでも、気温が低く湿度もあるので爆煙!
063-001 (2)
返しは喜多方-山都間、舞台田踏切にて
063-017 (2)
このとき、汽笛を盛大に鳴らし続けて行きました(´д`)
073-008 (2)
翌2001年 この年は雪中行軍となり、まさにクリスマストレインに相応しいロケーションに。
018-003 (2)
上野尻カーブではスノープラウも機能します。
018-024
雪の中を疾走する貴婦人(^_-)
024-006 (2)
通常運転ではスノープラウは外されて、12月ごろになると取り付けられ、重厚さが増して雪に似合います。
024-027
白煙も美しい
071-030 (2)
後打ちも印象的(´д`)
040-002
日出谷駅ではお見送りイベントが地元の方々により行われていました。
076-012
雪晴れの平瀬
028-025 (2)
やはり、発車は欠かせませんw(*゚o゚*)w
076-021 (3)
つかの間の雪晴れカット
084-013
2002年は、まだ新津運輸区で撮影許可を得られれば機関庫の外まで近づけた頃・・・。
084-001
この年は前回にご紹介しましたが乗り鉄したので線路際からはありません。

2000~2002年まで、磐越西線3年連続3回目の出場を果たしていた、ohanefuでした(^_-)