ohanefu blog  ~snap photo~ いわゆる・・・ブログです

ohanefuでございます。 鉄ネタ不定期更新でご紹介しています。 宜しければ、色々とご覧下さいましm(_ _)m

カテゴリ: スナップフォト

この季節と言えば紫陽花(あじさい)普段から目にするけれど、なかなか梅雨時期にカメラを向けないのでご紹介する素材としてはあまり残っていないのです(´д`)箱根湯本駅近くにある第4種踏切から。ロマンスカーのミュージックホーンを響かせながら紫陽花を映して。今はもう ...

C11 325DD51 888EF58 61モオカ14VSEN700E5+E6車両の形は意外にも様々な造形をしてその姿は唯一無二の物となる。それは似て非なる形。485系こうして見ると、今より昔の形の方が秀悦だったのかも?(´д`) ...

京急蒲田(空)第一踏切道カマクウ第一踏切道って呼ぶ事が多かったですかね(^^;)京急蒲田駅から東へ進み、羽田空港へと至る空港線。まず最初に京急蒲田を発車すると、すぐに速度制限25km/hの(曲線半径 R=80)を描きながら渡るのが、ここ国道15号線(通称:第一京浜)を渡 ...

黄昏なんてもんじゃない。宵の口なんてもんじゃない。闇を切り裂け!突き抜けろ!駆け抜けろ!太陽なんてぶっ飛ばせ!月に変わって、おしおk・・・(゚∇゚ ;)エッ!?切り抜いた先に灯りがある!新しいスタイルがそこにある! ...

黄昏時・・・。「もっと古くは、彼誰そ時(かれたそどき)とか、彼は誰時(かわたれどき)とも言ったそうです。」「彼は誰時(かわたれどき)」は、実は「黄昏時・誰そ彼時」と対になる表現で、「夜明け前」を表す言葉として使われることが多い。本来はどちらも、夜明け前・ ...

普段、運転台を中から見られないことが多いですが、客室から見られる列車もあります。見せるものでは無いですが、魅せるものに変わる運転台。外観からでは判らないカタチを見ることができます。前面だけでなく上面もガラス張り。しかもシンメトリーっぽくデザイン性も高い。 ...

新幹線の運転室は、どれも独特な形状をしています。窓周りは戦闘機のキャノピーに似ていて、まさにコックピット。ボディとガラス形状の融合。空力を追求したカタチ。N700E6E4500400300貴方はどれがお好み?(^^;) ...

雨の日に撮影・・・最近あまりしません・・・。過去に少しだけストックがあったので上げてみました。~京急にて~ ...

本日は2020年2月22日 2が5つも並ぶ日です。さらに令和2年2月22日でもあり、2が4つ並んでいます。という事で、最近そんなネタ企画が多いですが・・・(^^;)今回は2のゾロ目ネタ!西武鉄道の2000系「2222」号残念ながら、今は見ることは出来ません。廃車です(;_;)こちらも ...

京急と海って、案外と絡めるのが難しいんです。海の近くを走っているのに、車窓から海が見える処は少ない。。。さらに、それを上から見るとなると、更にハードルが上がります。もともと、標高は低い三浦半島ですから、それほど高い山はありません。そこを何とか見つけて撮っ ...

↑このページのトップヘ