とくにその編成がその形式の最終編成でなければ、その回送は目立たないものになるだけでなく、
当然ながら回送であるので時間なども運転されることも判らず、そもそも運転が無いという可能性ある中で、
それを待つというのは、ある意味不安との戦いであるw
C9DA0187
1000形1071~編成。2両編成の1000形。
営業運転では増結で使用されていたので単体で運転されるのは、こういった回送の時だけでした。
C9DA0171
何気なくデトの回送だと思っていると、後ろに何やら繋がっている!?
C9DA0174
デトの後ろは、なんと700形。デトは元々1000形なので、実質1000形と700形の連結が。
デトは旅客車ではないので当然ながら回送。まだデトがHSC-D仕様の頃です。
700形が廃車回送でした。
C9DT2479 (3)
都営5200形の廃車回送。この頃は久里浜工場で解体を行っていたので、
都営の電車も西馬込から泉岳寺で折り返して久里浜線まで来ていました。
都営浅草線・最後の5000形系列。最後でここまで走って長旅お疲れさま(´。`)